真パチスロ備忘録

パチスロ情報を備忘するブログ

討鬼伝

討鬼伝 朝一リセ後は激甘! マグマ玉ミタ満した実践

投稿日:

パチのシュタゲの導入が以外に多い! 田舎でも島クラスで導入されるとは・・・。この勢いでスロの続編もお願いしたいところ。

討鬼伝 リセ後濃厚

討鬼伝はリセ後25%で極モード移行。

この台の通常時は大工の源さんこと玉集めゲーです。

通常時はほぼ 白 or 青玉しまもらえませんが極モードに入ると
(ART期待度5%以下)

玉獲得 = マグマ玉(ART期待度99%)

となるので、ART複数当選の期待大となります。

さらに このリセ後の極モード。 数G回すと告知される時があります。エナ的にはかなり美味しい作りとなっているので、旧基準台を後回しするレベルで狙える台かなと思います。

ということで以下、実践内容。

朝一0Gの討鬼伝を打ち出し。この台はガックンチェックが有効。あまり派手にガックンはしないので見逃さないように注意ですねー

リセ後、極モードに滞在していると

液晶下部の玉が溜まっていく場所がざわざわして回転します。

通常は何Gかざわざわして極モード告知となるのですが、今回は・・・

開始1Gで即 極モード告知!

極モードに移行すると下パネルが極に変化します。遠くからでもすごく目立つので、リセが疑われるホールでは他の人がリセ台を打ってないか気にしておきましょう。

朝一 激アツの極モードをGETしての・・・

玉0個で1周期到達 \(^o^)/

絶望の展開・・・と思いきや、

極モードは2周期目に入っても継続!そして高確示唆の禊場へ移行します。

大工の源さんだと修行ゾーンに行くので最初は、ダメなやつかと思いましたがこの展開が超美味しいです。

その後、2周期目を消化した結果・・・

マグマ玉のミタ満達成!

ほぼARTストック5個と言える状態ですねー

ART中の展開は飛ばし一気に最終結果。

\1280枚 終 了 /

すごく微妙な枚数でしたー・・・。当たりは5回引け、1セットあたり258枚と考えると少ないですね;

討鬼伝のART中は

モンハン月下のような何か

いわゆる常時自力バトル系のARTですね

モンハン月下の方は閃光玉、落とし穴、睡眠、痺れなどのおかげで、最後の最後まで継続に期待が持てる!ところがすごく面白いところですが

一方、討鬼伝の方はというと・・・ベル→殴る。レア役→殴る。MB引く→殴りまくる。基本、これです^^;

殴りまくれば勝てるかというとそうでもなく・・・重要なのはリプ連でゲージを貯めて入るマガツヒモード。これに入らないとほとんど勝負になりません・・・;

マガツヒモードに入ると・・・

\ いつもよりモット殴るようになるヨ! /

このマガツヒモードがあるせいで少なくてもARTの半分を消化した時点でマガツヒモードに突入してないと敗色濃厚。ARTを数G回しただけでその後の展開が読めるというのは・・・かなりのマイナスポイント。自力バトル系の台は大好きな自分ですが・・・討鬼伝はダメなやつです;

エナ的には美味しい台ですが、打っていて面白くはないと言うのが正直な感想ですねー

+990枚

【収支リストを開閉】
本日の稼働
機種名 打ち始め 収支 備考
討鬼伝 0G + 990枚 【リセット】
バジ絆 0G - 72枚 【リセット】
番長3 リセ後濃厚529G + 1975枚 【リセット】
ゴッドディセント 77G - 403玉 【パチンコ潜伏】
番長3 宵越1324G + 275枚 【天井】
ゴッドディセント 93G - 278玉 【パチンコ潜伏】
合計+2487枚

-討鬼伝

Copyright© 真パチスロ備忘録 , 2018 All Rights Reserved.