真パチスロ備忘録

パチスロ情報を備忘するブログ

パチスロ オブ ザ イヤー

良台オブザイヤー2017 今年出た台は、ほぼ打ったスロッターの選ぶ良台は?

投稿日:

今年出た台は、ほぼ打ったスロッターの選ぶ良台それは・・・以下を御覧ください。

良台オブザイヤー2017

第5位 G1優駿倶楽部

CZ兼ボーナスの見せ方が上手い。

通常時は、調教ゾーンというCZで引けば引くほど育成ポイントが貯まりART期待度UP! ART中は出玉ブースト&上乗せチャンス。このボナ兼CZの告知があっさり一発告知なのも良いです。通常時は、馬を育成してレース勝利を目指すわけですが、全体的に通常時の演出が豊富。いろんな馬が存在するので、通常時少しだけでも打ってみようという気になる台です。

エナ性能も高め。馬だったり、育成レベルだったりで狙えるポイントが多くあったのもGOOD!

ただし、新基準としては1000Gの浅い天井&通常時よく回るので、その分出玉性能は抑えられた台となっています^^; ART中は、劣化 戦コレなので大体1~2連なことが非常に多い!50枚以下でARTが終了するのは珍しくない台とも言えます。

この台を旧基準で周期をもっと短くできて出玉性能を戦コレ2並に出来たなら、もっと良かったと思えそうなのが惜しい所。

第4位 地獄少女2

天国準備狙いが美味しい

一度、天国準備に入ると85.16%で天国準備ループ。天国準備は800G+αで天井となります。一応、天国準備と名前が付いていますが地獄少女2の天国準備は14.84%でしか天国へ移行しないので実質、他台の通常B=天国準備って感じですね。この天国準備ループがあるおかげで浅いG数からも狙いやすい台となって良く打てたのが良かったです。

ART中は、ストックも継続率持ちのゲーム性。継続率自体は何も引けないと低いですが、ベルなどで継続率UPすることもあり、レア役に依存しすぎていないところも良いところ。この台は新基準では珍しく一撃性能が高めな台。5000枚、万枚クラスの出玉のないわけではないという希望がある。というのは他台にない大きな違いと言えそう。

第3位 リング終焉

前作を大事にしてる。

新基準になってさすがに純増は落ちてしまいましたが、前作のリング呪いの7日間と比べても違和感なく打てるゲーム性にしたのが良かったですね。

呪いの7日間と比べると、天国内で当たりやすいのでゾーン狙いだけしていると初当たりがポンポン引けて楽しかったです。全体的に演出も前作を大事にしている感じがあり呪いの7日間の正統後継機種といったところ。

第2位 JAWS

ARTのボーナスがアツい!

下位ART中でもボーナスを引ければARTのG数がリスタート。上位ARTに入れば80%でARTループ。上位ARTを抜けても再度下位ARTへ入るので、チャンスがまたあるのが良いですね。

この台の通常時は少ない枚数のボーナスを何度も当てるいわゆるバジ絆タイプの台ですが、ボーナスは疑似ではなくリアルボーナスとなっていて、北斗新伝説やモンハン狂竜のようにボーナスが引き伸ばされず、すぐARTの当選の有無がわかるのが良かったですね。

第1位 番長3

2017年 ダントツのNo.1の良台

ベル回数を使って今までの番長シリーズのG数管理を、上手く表現しているのが良かった! 対決はベルなど小役で勝利書き換え抽選。こういう自力感のある演出は好きです。

昨今、新台入れ替え2日目で空き台多数というのがいつもの光景でしたが、新基準台&大量導入で一ヶ月ほど稼働が持っていて、久々にホールに活気を取り戻させてくれた唯一の機種がこの番長3!

まとめ

エナ台メイン。

普段、ほぼエナメインで打つことが多いので良台ランキングもエナできる台ばかりですねー。

今年まだ打ってない機種では まめ、まどマギAなど打ってみたい! あと、各所で隠れた良台(?)という声をちょくちょく見かけるギルティクラウン。ここらへんの台を来年、打ってみたいですねー

ということで2017年、最後の更新でした。来年も真パチスロ備忘録をよろしくお願いします。 良いお年を。

他の良台・オブ・ザ・イヤー

ブログ

ブログ名 良台-機種(伏せ字)
ぶらりスロッ旅 ◯◯2
ギャンブルジャーナル ◯◯士◯◯◯王◯◯

まとめサイト


-パチスロ オブ ザ イヤー

Copyright© 真パチスロ備忘録 , 2018 All Rights Reserved.